新着情報(ブログ)

2019/05/17ストーブ交換工事

一関市で薪ストーブの交換工事に行ってきました。

既存のストーブがデンマーク製morso『2140CB』。

内部が過燃焼による変形、ガラスも割れて、もう限界という事でストーブの交換をご依頼頂きました。

 

新規で導入するストーブは同じくデンマーク製morso『3610CB』です。

morsoの最大の機種で以前のストーブよりも余裕があり、燃焼も無理させる必要もなくなると思います。

 

一関市では薪ストーブ設置にかかる費用の補助金があります。今回に工事も補助金の申請が受理されました。

故障したストーブから新規の薪ストーブへ交換、このシーズンオフにいかがでしょうか?

 

2019/05/14F602CB

暖かくなってきて煙突掃除のご依頼の連絡が来るようになってきました。

煙突掃除を通して、薪ストーブのご使用状況がわかるので、いろいろアドバイスさせて頂く事もあります。

薪ストーブを始めて1シーズン目の方は煙突掃除をご依頼頂いた方が、今後長く使って頂く為に、いい方向に導けると思います。

こちらは玄関土間に設置されたヨツール『F602CB』

所謂シガータイプの薪ストーブです。薪も入れやすくコンパクトなのにそこそこ暖かいです。

天板のホットプレート部分が暖まりやすく調理もはかどります。価格はお手頃ですよ。

 

玄関で友人等と薪ストーブ囲んでお茶飲んだり、煮込み料理などに積極的に使用されているようです。

煮込み料理などで使っていると吹きこぼれて汚れがちですが、薪ストーブ専用のジェルタイプのガラスクリーナーを使ってゴシゴシ拭くと、取れたりします。

ガラスについた頑固なススも取れるくらいですから結構いけます。おすすめです。

2019/05/11商談中の札

クリアランスセールにて、条件付き0円ストーブ該当品の見積りのご依頼も増えてきました。

お見積りして、ご検討中の薪ストーブには、『商談中』の札をつけております。

商談中の薪ストーブでもお気軽にお問い合わせください。

2019/05/08令和です

お問い合わせ頂いております、令和初のクリアランスセール

展示場にて該当薪ストーブ本体にこのような札で表示しております。

そんな該当薪ストーブの中から一台ご紹介いたします。

 

olsberg(オルスバーグ)の  『パレナパワーブロック』です。

所謂、タテ型のストーブになるのですが、炎のダイナミックスさを堪能するにはタテ型が一番でしょう。

ストーブのトップには蓄熱レンガが50kg内蔵されており、保温性も高いです。

当店ではストーブ天板で調理を楽しめるストーブの人気が高く、このストーブは天板で調理出来ない事が一つ弱点です。

ですが、中には料理で使わないよ、というユーザー様もいるかと思います。

 

炎の迫力と蓄熱性は魅力だと思います。

この機会に是非!

 

クリアランスセールは令和元年9月30日までやっております。

 

 

2019/05/08屋根取り合い部分の一期工事

屋根取り合い部分の一期工事を行ってきました。

この工事は丸トップで煙突を屋根から出す際、屋根の板金工事と同時に行います。

弊社オリジナルのルーフサポートと三重構造フラッシングが活躍する時です。

この工事で重要な事はもちろん、雨漏りさせない事です。

実用新案にも登録されたこのフラッシングはコーキング剤に頼らない事を目指して作られているので長きに渡って安心して頂けます。

 

屋根屋さんの技術でこのフラッシングと絡めて頂ければOKです。

いい仕事をして頂きました。ありがとうございます。

| Next»

新着情報

カテゴリー

アーカイブ

▲上に戻る