新着情報(ブログ)

2020/09/16こどもに火とのつきあい方を教えてあげてください

宮城県気仙沼市の新築に薪ストーブ設置してきました。

薪ストーブはヨツールのF500BPです。炉台のテラコッタとレンガの色合いが良く合ってると思います。

ちょっと見えてるのは煙突掃除道具一式ですが、以前のキャンペーンの3万円分の選べるサービス品です。

今回は外気導入をしております。高気密な住宅にはやはり必要だと思います。

設置後に取扱い説明を行いました。

1歳のお子様がいるお宅なのですが、安全のために柵があった方が良い、という事でご注文頂きました。

うちにも子供がいるので、確かに1歳だったらまだなにするかわからないので、柵があった方が安全だと思います。

ですが、2歳くらいになって言ってる事が理解できるのであれば柵はなくてもいいかな、と個人的には思っています。

火は確かに危険なものですが、便利なものです。

それは包丁などにも言えることですが、過度にそれを避けるよりも少しずつそれとの付き合い方を教えてあげられたら良いのではないかと思います。

火との付き合い方が教えられるのは薪ストーブがあってこそです。原始的なものだからこそ、人間としての根本的な事を子供に伝えられるのではないでしょうか。

間違って燃えている薪ストーブに触ってしまっても、すぐ火傷はしないと思います。うちの子供も触って、アチッ!とはなったことがありますが、問題無かったです。

 

家族の団欒の中で薪ストーブがあって、子供と語り合うのはいいですね。

2020/09/10炉壁にスカモールは当店ではスタンダード

一関市で新築のストーブ工事を行いました。

今回は耐火ボードであるスカモールを使用した炉壁です。

炉壁には従来から人気のレンガや、タイルや石材などが一般的でしたが、こちらのスカモールはお好きな塗料で仕上げる事が出来るというのが一つのメリットだと思います。

そして施工も容易だと思います。

こちらは大工さんが、空気層をあける為の下地材のスカモールを壁に直接ビス留めしているところです。

石膏ボードのようにビス留めが可能ですし、スカモール同士をビス留めしてもしっかりとビスが効きます。

こうして、施工されたスカモールにパテ処理等施した後にお好きな塗料で仕上げるのです。

漆喰の質感がいい感じですね。いいアクセントになっていると思います。

スカモールはケイ酸カルシウムで出来たボードですので防火上問題無いですし、空気層もしっかりと取っておりますので伝熱の心配もなく間違い無いです。

 

炉台は既製品のコーナー用のスチールフロアプレートです。段差も生じないので、つまずいたりしないから安心ですよ。

 

ストーブはヨツールのF600BP。このブログでのヨツールの登場率の高さは信頼度の証だと思います。

 

スカモールという素材はあまり知られてなく、全体的に施工実績も少ないでしょうから、建築屋さんも少し身構えるのですが、こちらも説明をすると解って頂けています。

当店ではスカモールの施工数は増えています。いい素材ですよ。

スカモールもレンガの様にスタンダードになってもいいんじゃないか、とも思っています。

 

炉壁にスカモールを使用する事で内装のデザイン的発想が増えるのではないでしょうか?

ご参考にしてみてください。

2020/09/07ハックルベリージャムを大量に作りました

弊社社長が趣味でやっている農業ですが、最近ハックルベリーにも着手しております。

大量にハックルベリーをもらったのでジャム作りをしました。

段ボールいっぱいにもらったハックルベリーのヘタの部分を取るだけで午前中いっぱい要しました。

灰汁抜きで煮込むのに、薪ストーブ屋らしく外の防災ストーブで煮込みます。

灰汁抜きをして、ハックルベリーの半量くらいの砂糖、塩少々、レモン汁少々入れて一緒に煮込んでいって、、、出来ました。

でっかい鍋二つ分のジャムです。

ハックルベリーのアントシアニン含有量はとにかく豊富で体にも良いそうなので、毎日食べてみようかと思います。一年で食べきれないくらいかもしれません。

というか、まだまだこんなもんじゃなく社長の畑にはハックルベリーがあるので、社長はジャムおじさんになっているかもしれません。

手づかみ食べ真っ盛りの1歳の子も手や口や服や机を紫色にしながらおいしく頂きました。

 

 

2020/09/02F600のクリーンバーンユニット交換

陸前高田に煙突掃除とストーブ修理に行ってきました。

ストーブはF600のブルーブラックです。

こちらのお宅は毎年煙突掃除のご依頼を受けています。

ご使用期間は8年で、最初の2、3年が薪の乾燥がいまいちのものを使用されていて、そこでクリーンバーンも傷んだのですが、

毎年様子をみて、今年修理に至りました。

近年は薪の質も少しずつ良くなってきて、使い方も良くなってきてるので、しばらく修理は無いんじゃないかと思ってます。

未乾燥の薪の使用は良いこと無いので皆さんも気を付けてください。

F600ブルーブラック。エナメル塗装のものは何年経ってもその色を失わないので、やっぱりいいですよ。

とてもいいストーブなので末永く使ってもらいたいです。

2020/09/01施主様デザインの炉台

花巻市の既存住宅に煙突と薪ストーブの設置工事に行ってきました。

施主様による炉台施工が完了した、という事で工事に入りました。

見てください、この炉台。センスいいですね!

デザインは作りながら考えたものだそうですよ。自分で作るというのは自分の思うままにできますし、満足感も格別ですよね。

そこに置かれたのはヨツールのF500BPです。

バッチリですね。

煙突工事はいつもの大工さん、板金屋さんの力を借りてやっていきます。

こちらもバッチリですね。

既存住宅で新築の際に薪ストーブを設置できなかった方も是非ご相談ください。

| Next»

新着情報

カテゴリー

アーカイブ

▲上に戻る