新着情報(ブログ)

2019/04/16角トップ詰まり原因と対策

先日行った煙突掃除。

久々に凄い詰まりだったので、原因と対策を書いておきます。

 

まず始めに外から角トップを目視したら、タールがタラ~っと垂れていて、『今日は大変だ』と悟りました。

角トップを開けて中を覗くと、

完全に塞がってました。煙突掃除は2~3年ご自身で行っていたそうです。

煙突掃除後は原因と対策を確認する為、基本から焚き方講習をいたしました。

 

まず薪から。紙と段ボールを焚きつけに使用していたそうですが、以前もこれで煙突を詰まらせている方がおりました。

乾燥した木以外のものを焚くのはやめましょう。

乾燥させている薪を見ると、細い丸太や枝が割らずにそのままにしてありました。

割らないと乾燥は進まないですし、木皮は着火もしづらいのでその分煙も出ます。

割ってある薪がかなり太かったです。太いと火が回りにくいのでその分煙も出ます。

薪は男性の腕くらいの太さを心がけてください。

 

ススが出来る原因は当然、不完全燃焼の『煙』です。

『煙をいかに出さないようにするか』ということを突き詰めることが対策となります。

 

着火は着火剤を一番上に置いて『上から着火』を推奨します。

『ドラフト』というのを理解していれば、上から着火した方が良いのです。

上から着火し、いち早く煙突を温めてドラフトを発生させると、燃え方が一気に加速していきます。

 

煙を出さないためにはいきなりガンガン勢いよく燃やすことが肝心ですので、焚きつけをたっぷり使ったほうが楽です。

薪の置き方も重要で薪全体に火が回るような置き方を工夫をしながら配置してください。

火が回ってないところがある状態で空気を絞ると煙が出ます。

完全燃焼させるには温度も重要です。

たいていの輻射式の薪ストーブの天板で250℃~300℃くらいが適温です。

そのくらい温度を上げると炉内で完全燃焼できる温度になります。

温度が上がったら空気を絞ると、それ以上温度も上がらず安定します。

 

そして外に出て煙突トップから煙が出ていなければ合格です(ちゃんと二次燃焼する薪ストーブが条件)。

 

『ドラフト』というキーワードが出ましたが、ドラフトの発生は断熱性が高い煙突じゃないと難しいです。

つまり、『断熱材入り二重煙突』の仕様が最低条件です。

 

焚き方講習の最後に煙突トップから煙が出ていないのを確認してもらい、全て理解頂きました。

 

これを毎日おこなってください。来年の煙突掃除で答えが出ます。

 

 

 

 

 

 

 

2019/04/12これからのお花見、BBQシーズンに

岩手では、まだ雪が降る事もあり、まだ春という実感は湧いておりませんが、展示場の桜は薪ストーブの暖かさで見頃です。

これからのお花見、BBQシーズンにもってこいな屋外でのピザやオーブン料理に使えるものも展示販売しております。

薪ストーブで使っていた薪をこちらでも活用してみませんか?

2019/04/11電動薪割り機もお試しください

薪割り機が欲しいけどご近所に騒音で迷惑かけたくないという方は電動薪割り機もお試しください。

電動はエンジンと比べるとパワーは弱いですが、そんなに太い硬い丸太をやらないよ、というのであれば十分使えます。価格もリーズナブルです。

当展示場にいつも割ってるような丸太をご持参いただいても良いですし、展示場にも様々な丸太もご用意しておりますので試し割りにどうぞ!

もちろんエンジン式の薪割り機もございます。

シーズンオフの薪作りの相棒になるマシンをお試しください。

2019/04/10暖欒工房CHIJOオリジナルの煙突部材のご紹介

弊社の煙突部材でオリジナルの部品をご紹介いたします。

まずは実用新案登録をした屋根の雨仕舞に使用する『フラッシング』です。

丸トップで煙突を屋根から出す時、屋根との取り合いの所の雨の侵入を防ぐのに使用します。

他のフラッシングとなにが違うかというと、コーキング剤に頼らず『3重構造』で雨の侵入を防ぐという所です。

普通のフラッシングは『1重構造』でコーキングに頼っているものが主流なので、コーキング剤の寿命で雨漏りの心配が出るところを、

弊社オリジナルのフラッシングはコーキングに頼らないので屋根と同じく耐久します。

 

次はオリジナルの『ルーフサポート』です。

屋根でしっかり煙突を持たせる為に開発したオリジナルルーフサポートです。

堅牢な四方アングルでしっかりサポート。

勾配にも簡単に対応。

壁出しタイプ以外全ての煙突で使用しています。

 

煙突はストーブから真っ直ぐに立ち上げるというのがベストです。燃焼効率の向上しますし、煙突部材費を最小限に抑えられ、煙突掃除も楽です。

そうなると煙突を屋根から出すという施工となりますので、『屋根の取り合いでベストなもの』を、と成りオリジナルのものになりました。

 

地味なものですが、名刺代わりと言っても差し支えない、どこにも売ってない暖欒工房CHIJOオリジナル製品です。

施工後何年経っても安心なものを提供したいと考えています。

 

 

 

 

 

2019/03/28煙突掃除のやり方のコツ、レクチャーします

薪ストーブユーザーの皆様、そろそろ煙突掃除という季節ですね。

煙突掃除は"断熱材入り二重煙突"の仕様で年一回行うのが原則です。必ず行いましょう。

 

暖欒工房CHIJOでは煙突掃除のご依頼を受け付けております。

そして、ご希望があれば煙突掃除のやり方を、ご自身で出来るように煙突掃除をやりながらレクチャーします。

煙突掃除は屋根に上る必要がなければ、誰でも出来ると思います。

ただし、煙突施工の段階で掃除しにくいようになってるケースも見受けられます。

そういうこともあり煙突の設計、施工は薪ストーブの専門に任せたほうが良いのです。

 

薪ストーブ本体に関しては点検するポイントも各ストーブによってありますのでおさえておきましょう。

必ずしもストーブ本体を分解する必要も無いと思います。

 

薪もそうですが、自分で作れるというのがメリットですし、煙突掃除も自分でやろうと思えば出来ます。なんといっても経済的ですね。

 

他社の施工の煙突でもお気軽にご相談ください。その際は写真等があると非常に助かります。

| Next»

新着情報

カテゴリー

アーカイブ

▲上に戻る