新着情報(ブログ)

2019/03/29触媒付き薪ストーブは必ずチェック!

煙突が詰まってないのに煙が逆流して燃えない、という場合、触媒付きの薪ストーブであれば触媒を疑ってみてください。

以前こんな感じで詰まっているものがありました。機種はバーモントキャスティングスのデファイアント。

輸入元のQ&Aで書いてあることをそのまま引用しますと、

『ストーブ内の温度が十分に上がらず、触媒が作用する温度に達する前にバイパスダンパーを閉めるなど、ストーブを正しく扱っていないと触媒が詰まります。
また、自然の薪以外の燃料で特に大量の燃えカスを出す包装紙や段ボールなどを燃やし続けても、触媒を詰まらせ煙の逆流を起こします。』

ということです。

 

基本に忠実に乾燥した薪で適正な温度まで上げてダンパーを閉めるということです。

触媒付き薪ストーブは必ず触媒をチェックし、触媒及び触媒回りをきれいに掃除しましょう。

触媒回りの掃除は掃除機のホースを突っ込んで吸い出すのが簡単だと思います。

触媒のハニカム構造が崩れてボロボロになったら必ず交換をしましょう。

 

 

 

2019/03/28煙突掃除のやり方のコツ、レクチャーします

薪ストーブユーザーの皆様、そろそろ煙突掃除という季節ですね。

煙突掃除は"断熱材入り二重煙突"の仕様で年一回行うのが原則です。必ず行いましょう。

 

暖欒工房CHIJOでは煙突掃除のご依頼を受け付けております。

そして、ご希望があれば煙突掃除のやり方を、ご自身で出来るように煙突掃除をやりながらレクチャーします。

煙突掃除は屋根に上る必要がなければ、誰でも出来ると思います。

ただし、煙突施工の段階で掃除しにくいようになってるケースも見受けられます。

そういうこともあり煙突の設計、施工は薪ストーブの専門に任せたほうが良いのです。

 

薪ストーブ本体に関しては点検するポイントも各ストーブによってありますのでおさえておきましょう。

必ずしもストーブ本体を分解する必要も無いと思います。

 

薪もそうですが、自分で作れるというのがメリットですし、煙突掃除も自分でやろうと思えば出来ます。なんといっても経済的ですね。

 

他社の施工の煙突でもお気軽にご相談ください。その際は写真等があると非常に助かります。

2019/03/18リーズナブルな銘木あります

展示場の屋外にて展示販売しております!

右から税別で2万円、1万円、5千円です。未仕上げです。

他にも様々な木材があります。新築のお家のテーブルやカウンターにも良いと思います。

お気軽にお問い合わせください。

2019/03/14薪ストーブは第二のキッチン

いま展示場でメインで焚いているストーブHeta『LOGI』でお昼にご飯作ったり、ケーキを作ったりしていたので少し写真を掲載しておきます。

こういう事が出来るというご参考になさってください。

暖房能力も高いですし、オーブン料理に普通に使えますよ!

もちろんピザなども焼けます。

他のストーブでも炉内でピザは焼けますが、炉内の薪を熾火にしてストーブ本体の温度を一時的に下げてからじゃないとピザが丸焦げになってしまいます。

LOGIはストーブ本体の温度をそのまま保ったままピザ等のオーブン料理ができます。それは利点だと思います。

 

おまけにデファイアントの天板で目玉焼きとホットサンドをした朝食です。

輻射式などの天板の温度が上がりやすいストーブだと天板でも煮込み料理等様々できます。

薪ストーブの炉内で作る焼き芋は美味しいですよね。

 

是非、薪ストーブを第二のキッチンとしてご活用ください。

家の中でキャンプしてるみたいで楽しいですよ!

2019/03/12一次燃焼ストーブ『F8TD』燃焼してます

今や二次燃焼が主流の薪ストーブですが、ヨツールから現行で唯一出ている一次燃焼薪ストーブの『F8TD』を展示場にて燃焼しております。

二次燃焼の薪ストーブと比較して頂くのも良いと思いますし、お客様の環境によっては十分に『使える』薪ストーブになるかもしれません。

構造がシンプルでメンテナンスが比較的容易です。燃焼室も大きいので熱量もあります。

このサイズのクラスでは値段もお手頃。

そして安心のヨツールというブランドです。

弊社の煙突は『ヨツールパイプシステム』を標準としております。

新着情報

カテゴリー

アーカイブ

▲上に戻る